転職で新しい人生を歩みたい、そんなあなたの夢叶えます

仕事探し

オフィス内の様子

給料が安い、人間関係がうまくいかない、仕事内容が楽しくない…人によって転職したいと考える理由は様々です。
また、転職をしたいと考える時期も人それぞれ違います。
ただ、転職をする際に最適な時期とそうでない時期が存在しています。一般的には3~4月、9~10月に求人数が増えます。この時期は企業が年度で切り替わる時期なので、新規事業をスタートさせる、人材を補充するといった活動が行なわれることが増えます。
求人数が増える時期ではありますが、その分転職希望者も増えます。そのため、必ず求人数が増える時期が良いのか?というと、そうではありません。

転職に良い時期は全員違います。ただ、転職活動を開始して成功するまで1~3ヶ月程度かかるということを覚えておきましょう。
転職の情報収集を行ない、応募して採用されるまでの機関を計算して、具体的に計画を立てるようにしましょう。

転職に最適な時期はいつなのか?そのタイミングを決めるポイントというのは、主に3つあります。
そのポイントとは「勤続年数」「年齢」「経済面」です。

新しい職場に面接に行った際、勤続年数が少なく、何度も転職を繰り返している場合には採用で不利になってしまいます。最低でも2年間は在籍しているようにしましょう。
また、年齢というのは職場によっては大きく影響します。若ければ若いほど吸収率が高くなるので有利です。技術職であれば、経験を積んでいる人の方が有利となる場合にもあります。
転職をする時期がボーナス後、退職金を受け取れる勤続年数、失業手当給付期間などを考慮することで、経済面の損得が関わってきます。